RSS
 

AUDI A4 04y 「実践2年目」/実践大賞2007 受賞車

洗車 えぐぴか 実践報告


AUDI A4 AVNAT 04y No 210

「さすがに無理かもしれない」と最初は正直おもいました。でも、その2年後・・・    このA4の姿が会員サポートにとって無上の喜びです


AUDI A4 04y 実践大賞車 実践2年目

実践2年目「いや〜 車やっぱり復活しますね〜。」

と明るいご報告。

でも、実は2年前。さんざんな愛車の状態に、
「ホトホト疲れてしまった」
とおっしゃっていたオーナーです。

ご無沙汰しています。現在のアウディの状態です。

私は春4月頃から9月いっぱいまで、
趣味の渓流釣りに狂ったように出かけますので、
そのシーズン中は殆んど洗車しなくなってしまいます。
(反省....)

泥汚れ、頑固な虫、いっぱい付きますね〜(笑)
でも秋から春にかけては禁漁期という事もあり、
ガッツリ洗車に勤しみます。

そう センタツさんに出会ってからは。^^;

「いや〜 車やっぱり復活しますね〜。」

冬場にガッツリ!
秘伝コート&秘伝コートSiしているおかげで、
なんとかなっています。

もともとが酷かったので、
消えない小傷などはいっぱいありますが、

B6型アウディの黒で、ここまで綺麗に保ててるのは、
そうはいないのではと自分でも思っております。

本当のところは夏場、怠けていたおかげ?で 

また、以前のように悲惨な事になっているのでは・・と

内心不安でありましたが・・・。 
9月いっぱいで、禁漁をむかえて、
たった3回の洗車での復活状態です。

洗車も認識としては 洗うんじゃなく、

「なでるんだと思える様になりました。」

知らないうちに VR4※(MAXI7PROにバージョンアップ)
なる新商品も出ている様ですが、

また詳細をお聞きする事になるかもしれませんが、
その時はヨロシクお願いします。

ちなみにモール、ルーフレールは健在でした....(汗)

●センタツVOICE

久々のご報告をいただきましたが。

 このお車、2006年の12月のご相談時点からは、

「嘘のような現在の状態」です。

当初このお車は、

「これはオーナーの手では難しいぞ・・」

と思う程の「重症」だったのです。


「私の愛車も輝きが取り戻せますか?」とHPからご質問いただく時。

実は、センタツの一番の不安はケミカル性能ではない」のです。

実際は「オーナーご自身の現在の洗車方法」なのです。

なぜなら、どのようにケミカルが優れていても、

方法を誤れば結局は愛車の輝きは取り戻せません。

このアウディも課題は「オーナーご自身がセンタツメソッドを実践してゆくなかで、既存の洗車方法やコーティングの錯覚や迷信や認識の誤りについて実践とサポートする中で気づいていただけるか。

ということなんです。
センタツのケミカルは既に実績を積んだ道具ですから、
結果は出ます。

問題は方法なのです。


●このアウディは到底オーナーの手で、
しかも普段の洗車で輝きが取り戻せるレベルではなかった。


このアウディの場合、泣き所でもある。

ルーフレールとメッキモールのウロコ(重症)

新車購入時ガラスコーティング、
2年半経過でウロコが形成。

メンテナンスは新車購入の時から水洗いだけの状態。
(洗車しない時期もあった)

「洗車=ボディを少しづつ削っているのと同じ・・」
「塗装に一番良いのは しっかりコーティング後に」
「出来るだけ洗わない事」
「洗車の際も水洗いのみ....」
という業者の言葉を信じてしまったオーナー。

「洗いすぎてボディを削ってしまうくらいなら」
「洗わないほうがマシだ」と思ってしまったのです。

そして、相当よごれてからの水洗いのみ。

数年後、あまりに状態がひどくなった為、
購入以来初めてシャンプー洗浄ワックスがけを実施。

ボディ下周りの虫付着除去に苦労し、
メッキ、アルミルーフもボディもウロコだらけ。
「ほとほと嫌になった・・」そこで、
「洗車のプロ」は
どういう風にメンテナンスしているのか知りたい・・
ということで、ネットで検索。

洗車達人PRO.com に出会ったのがきっかけです。
・・・それから。二年後・・・

というわけです。

●オーナーが洗車の達人なら愛車は輝き続ける。


「愛車はやっぱり復活する」

これはオーナーご自身の実践の結果です。

1つ加えたいのは「センタツで」ではなく

「自分の手で愛車はやっぱり復活する」

センタツは手段にすぎません。

愛車を復活させるドラマの主人公は、
オーナーご自身と愛車なのです。

●洗車はシーズンオフしかしない。

実は、趣味の渓流釣りにガッツリ使われるお車。
また、積雪地域ということで、
冬の除雪剤などに見舞われるのですが。

「どうだ!」とばかりに、
えぐぴか元気になった姿を見せつけてくれて、
とても嬉しいですね。

「センタツのデモカーに違いない」と言われても、
それはオーナーへの褒め言葉でしかありません。

このアウディの輝きには、
私もスタッフも
「おおっ」と声をあげてしまいました。

そして、このお車以来、
アウディ車のオーナーの皆さんも、
同じような悩みを解決するキッカケになっています。

この一台のアウディA4をあるオーナーが、
自分の手で復活させた事。
それが、
何台もの全国の同じような悩みを抱えている、
別のオーナーの悩みも同時に解決してゆく。

それが、一番大事だとセンタツは思っています。

センタツは「車は復活する」と知っていますが。

このアウディは「難しい」と思っていました。
車の状態が・・という事ではないのです。

わたしたちの手で「復活させる」なら問題はありません。
「できる」と解っているからですし、
方法もわかっています。

問題なのは、オーナー様ご自身が、

センタツが知っている、
復活プロセスそのものを実践できるかどうかなのです。

だから、センタツは
常に同じ復活プロセスになるように、
サポートに取り組んでいます。

AUDI A4 AVANT 04y 実践大賞車 実践2年目
二年前 2006年12月にご相談を受けたときは。正直「ユーザーの手では難しい」と思った程でしたが。このお写真からは想像もできないと思います。


AUDI A4 AVANT 04y 実践大賞車 実践2年目
デモカーではありません。渓流釣りのために山野をオーナーと走りまわっている実用車です。


AUDI A4 AVANT 04y 実践大賞車 実践2年目
これだけ復活してくれると。達人キットを作ってよかったなと思いますね。しかし・・シーズンオフしか洗車してないというのも信じられないですよね。^^;


AUDI A4 AVANT 04y 実践大賞車 実践2年目
いやいや、言うこと無しです。アウディオーナーの方は参考になると思いますよ。


AUDI A4 AVANT 04y 実践大賞車 実践2年目
丁度、輝きを取り戻し始めた頃のお写真 2007年1月頃のご報告。この後、実践大賞2007受賞。
>>実践大賞ページ



NEXT >>

「実践1年目。まだまだ50%。120%にする秘訣」 
トヨタ プリウス 05y 実践報告 
 

トヨタ プリウス 05y

>> 続きを読む






「予想外の美しさになった。「予想外」をあなたの想定内の輝きに変える秘訣」 
シトロエン C5 04y 実践報告 
 

シトロエン C5 04y

>> 続きを読む






「6年の歳月を経て、自分の手で蘇ったアルピナホワイト」 
BMW 525i 02y の実践報告 
 

BMW 525i 02y

>> 続きを読む






「実践一年のオーナーが輝きの他に手にいれたもの 
マツダ アクセラ 05y の実践報告 
 

マツダ アクセラ 05y

>> 続きを読む


ページトップへ