RSS
 

メルセデスベンツ C200 LIMITED 98y その2


メルセデスベンツ C200 98y

MERCEDES BENZ W202 C200 LIMITED 98y No 240

洗車 えぐぴか 実践報告


 「ここまで綺麗な車は観たことないと言われました。いやぁ・・嬉しかったです。」


 いやぁ・・嬉しかったです。

オーナーの声:

 「ここまで、綺麗な車は観たことがないですよ」手洗い洗車歴 何十年のスタンドのオヤジさんもびっくりしていました。笑)

 「こんなに洗車が楽な車もめったに無いですね」
 
 いやぁ・・嬉しかったです。思わず立ち話で車談議していましたよ。

センタツVOICE:

 センタツ魂に火がつきますねぇ

  このC200のご報告を昨日いただいて「●●さんからか・・どれどれ・・」と開いてみた瞬間。

 「あぁ!・・やられた」と思いました。笑)

同時に

「あ〜・・センタツ本来の白さの基準をいつのまにかドットコムでは下げてたかもしれないな・・」と反省もしました。

 実際、実践報告を毎日のようにいただいて、実は全体では600件以上の実践報告が投稿されていますが・・(掲載がおいついてません)

 私達は「メルセデスはこれぐらいになる」だとか、「白い車ならこれぐらいにはなる」という「基準」をもって拝見していますし、プロの仕事として洗車する場合も「この車は確実にこうなる」という「確実な予測」をもって洗車プログラムを組んでいます。

 つまり

 「なると解ってやるからプロ」なわけですが。それはプロ仕事でのお話です。その6割でもできればユーザーの皆様は大成功でしょう。

 実際、洗車達人PRO.comでは実践されているのはユーザーの皆様で、プロ仕事での「当然の結果」と「ユーザーの予想している洗車の結果」には当初、結果についてのギャップがあります。

そのギャップとは「素人が洗車してもこんな風に車を自分で綺麗に保てるはずがない」という認識と。

洗車達人PROの持つ「車はこうなってあたりまえ。しかも・・・洗車で悩む必要などない」という認識のギャップです。

 このお車のオーナー様も当初は全く同じでした。前回のご報告で「ここまで綺麗になるとは思っていなかった」とおっしゃっています。

 言えば・・・

 このC200がスタートキットS使用開始から2年経過の一つ目安になると言えるお車の状態です。それだけの性能はスタートキットにもたせてありますし、そうなるようにサポートしていますから。基本的には「こうなって当然」だと思ってください。上限ではなく、「ここからさらに・・」というスタート位置なのです。

 達人キットは、あなたの洗車でもプロ仕事のレベルが「当然の結果」にならねばならないキットで、洗車達人PROも全く同じものを仕事に使っています。

 サポートは「あなたが洗車達人」になるためのサポートだと思っております。

 あとはオーナーご自身がどれだけお車を大事にされたいかという思いが一番大事な事ではないかなと思います。その思いが形になるキットになってます。

 ともあれ、洗車で一人で悩んでいる必要などないのです。

にしても・・・このメルセデスは良く手が入ってますねぇ 笑) 素晴らしい実践です。

PS・・いや実際、こういう実践報告を頂くと我が営業フィット(白パール)も負けてられません・・笑)センタツ魂に火がつきますね。

NEXT >> トヨタ マークX のご報告


メルセデスベンツ C200 98y
 こういう部分の隙間の汚れなども除去されていますね。これはBクリーナーを綿棒でコツコツやったそうです。脱脂マキシでも可能ですね。(今回のビデオで解説しましたとおりです)


メルセデスベンツ C200 98y
 メルセデスはセンタツでも何台お手入れしたか解りませんが、洗車達人PRO.com (WEBサポートサービス)でもこの結果がユーザー洗車で当たり前の事になっていただきたいと思ってこんなサイトを運営しています。


メルセデスベンツ C200 98y
 白車は・・とお思いだったなら。この白感を基準にされてください。白車には白車の楽しみがあるんです。


メルセデスベンツ C200 98y
  
ちなみに↓↓1年半前は・・・

2007年8月のご報告時のお写真

2009年1月17日のご報告

 このお車は2007年8月から実践されてきたお車です。当初は9年落ちで洗車傷、ウィンドーのウロコ、水垢、メッキモールのウロコなどの問題を抱えておられました。状態は9年落ちにしては綺麗だが、言えば、それなりの状態ではなかったかと思います。

 非常に大事にされているお車で。内装などもご自分でカスタマイズされたりしておられる拘りある一台です。

 ボディ状態がここまでになれば、現実的に洗車の労力は極めて軽減されますし。この輝きは簡単に落ちるようなレベルではもはやありません。

 例えば、仮にこの状態から。二年ほど放置してもこのコート面は維持されますので、二年後に水垢落としされてみれば。この塗装面の艶感を取り戻すのにはさほど労力はいらないでしょう。元の塗装面より機能的には高まっているはずです。

 さらに、細部や樹脂部など細かい部分や隙間やボンネット裏・・なども手を入れてみてください。裏や隙間が大事ですよ。笑)

 当然、ボディもまだまだいけます。「こんなもんじゃあないぞ」と思ってさらなる次の次元を目指してみてください。

 尤も・・

 あまり洗車するところも無いような状態でなによりではありますね。笑)




(C)洗車達人PRO.com 実践報告 2009 2/27



ページトップへ