RSS
 

メルセデスベンツ S320 01y /実践半年目


メルセデスベンツ S320 01y

MERCEDES BENZ S320 01y No 253

洗車 えぐぴか 実践報告


実践半年・・・洗車を通して普段見えてなかったものがフト見えてくる瞬間・・自然を映し出す愛車に感動を覚えました。


 実践約半年・・・ボディの輝きが増し週末の洗車が楽しくなってきた。

オーナーの声:
洗車達人PRO.com殿

いつもお世話になります。1月よりスタートキットで実践中(2001年式ベンツS320)の○○です。

約半年がたち、ボディの輝きが増し、週末の洗車が楽しくなってきたのですが、ちょっと面白い写真が撮れましたので、お送りします(重くてすみません)。

※右上段のお写真
一瞬何が写っているのかわからないと思いますが、ボディ側面に庭の木々のみどりが
反射しているものです。もともとは水色(カルセドニーシルバー)の塗装です。ほんとうに綺麗になるには、まだまだだとは思っていますが、洗車を続けることで、
普段見えていないものがふと見えて、ちょっと感動したので、お送りする次第です。

※トップのお写真
これはご愛嬌です。トンボがベンツのエンブレムに止まった瞬間です。ボディの水色
を池や川だと思ってくれたのであればいいのですが。

※右下段のお写真
ボンネットを上から覗いた写真です。曇天ながら光沢はまずまずですが、エグピカまでの道はまだまだ長いです。

では、失礼します・・・

センタツVOICE:

 「自然と車と洗車」

 とても癒される実践報告ですね(^^)大変ありがとうございます。トンボがどこか涼しげです。

 洗車していると。よくトンボがピカピカのボディを池と間違えて産卵したりします。(ちょっと可愛そうですけど・・・)

 でも、そんなフトした瞬間に愛車の輝きや映りこむ風景や空がとても綺麗に見えるんですよね。「気付いていなかったものに気付く瞬間の感動」良くわかりますね。

車というのは自然環境の中を走り回るものですから、様々な試練にさらされます。

 特に夏の時期や冬の時期は車にとってかなり過酷な時期だといえます。

 同時に、オーナーの皆さんにとっても洗車も一苦労・・・という時期ではないでしょうか。

また、コーティング車などでしたらコーティングの性能がモロに試される時期でもあります。

 突然の雨。そして突然の晴れ。この繰り返しは容赦なくボディ塗装面を痛めつけ。コーティング車なら放置しているとウロコが形成されていたり。撥水剤系コートやシャンプーなどをお使いなら夏以降にかなり磨痛い目にあうことも・・・

 「自然にはコーティング性能やケミカル性能だけでは太刀打ちできない」ということ。「ケミカルでどうにかしよう」とすると自然に翻弄されますし、ボディに正直に結果が出ます。

 愛車の輝きを保つにはオーナーご自身が季節と上手に付き合う必要があるんですが・・

オーナーが季節と上手に付き合ってメンテナンスを適切に行うだけで秋以降の愛車の状態は全く変わってくるんです。

 夏の洗車は洗車用品の性能も試される時期でもあります。

 達人キットは春夏秋冬のプロの実践の場で使われている洗車キットです。夏場は特に「確実に綺麗になる」「輝きが増す」「洗車がスムーズ」そして・・・愛車を確実に護れる性能が必要なんです。

 特に暑いですから。短時間でも確実に仕上げられる・・・そんな性能も見逃せないポイントでしょう。

 


メルセデスベンツ S320 01y
 オーナーは「まだまだ」と言うボディの映りこみ。車に映り込む花や草や空に季節の移り変わりを感じるのも楽しみの一つですね。手が入る毎に映る様々な事象や愛車の表情も変わってゆきます。そういうひと時もカーライフの大事な瞬間ではないでしょうか。夏は暑いですが。夏には夏なりの仕上がった時に見える楽しみもあるものです。


メルセデスベンツ S320 01y
 車というのは面白いもので、オーナーの手が入れば入るほどテクニックだけでは語れない一台一台の「個性」のようなものが段々と出てきます。



NEXT >>

「実践・・・・ホンダストリーム 07y の場合」 
HONDA STREAM
07y


ホンダ ストリーム 07y
 水垢皮膜やウロコの除去・・・色々な課題に一つ一つ挑戦中のストリームオーナーの実践報告。

>>HONDA オデッセイ 黒車・・参考になる事例1

>>HONDA オデッセイ 黒車・・参考になる事例2



「実践一ヶ月目・・・随分全体の輝きも取り戻してきました」 
BMW X3
04y

BMW X3 04y

















「実践一ヶ月目・・・ウル艶です☆」 
三菱アイ/i
09y

三菱 アイ/i 09y







(C)洗車達人PRO.com 実践報告 2009 6/30


ページトップへ