RSS
 

スバル VIVIO 92y 実践半年目

SUBARU VIVIO RX-R 92y 実践7ヶ月目

SUBARU VIVIO RX-R 92y No 274


洗車 えぐぴか 実践報告


実践6ヶ月「最近は・・17年物の車と言うと驚かれるようになりました。」


 「実践7ヶ月・・・」

オーナーの声:

洗車達人PRO.com 御中 いつもお世話になっております。○○と申します。昨日から急に寒くなって、タイヤをスタッドレスに交換しました。月曜日は雪が降るらしいですね。

 スタッドレスに交換するのと同時に洗いました。最初にカルテとして記入したスバルヴィヴィオ(平成4年式)ですが、ここ半年でコンディションはよくなってきたと思います(実は3ヶ月ほど洗えなかった時期がありました)。

 最近では、17年前に登録された車だと知ると驚かれるようになりました。中古車で購入したのでこの家に来てまだ4年ですが、驚かれるとキレイになったんだと感じてしまいます。

 前回、この車に対して松尾さまから、「お車はもっと綺麗になると断言しておきます。」とおっしゃって頂けたことが励みになりました。今回、スタッドレスタイヤ交換と洗車とあわせても3時間(片付けも含んで)
ですみました(昨年ならあと1時間はかかっていたと思います)。コートクリーナーも施工してみましたがいかがでしょうか。まだ、部分的なくすみなどもあります。写真を見てアドバイスを頂ければ幸い
です。

センタツVOICE:


 「コーティングより先に来るもの・・」

スバル VIVIO RX-R 92y の実践報告です。実践半年目ということですが17年落ちには見えませんね。(^^)

『洗車をすれば輝きが落ちるし傷も増える・・どうせ車は古びてゆくものだ・・』

その「常識」を覆している良い見本ですが。これがプロの手によるものではなく、まぎれもなくオーナーご自身の手によるものだから面白いのです。

では面倒くさい洗車をしているか?というと洗車は「簡単」に済むかと思います。洗車が簡単に済むから、隅々の汚れを落としてみたり。あるいは「さらに艶をあげてみよう」という風な工夫ができるということになります。

もし、これが「洗車するだけで一苦労」ならこうはならないどころか、洗車そのものも嫌になってしまいますよね。

また、この輝きは一時的なものではありません。このように輝きはじめると多少洗車をできない期間があっても愛車の輝きはスグにとりもどせます。

まさに善循環になってゆくのですが。はたから観ると「一生懸命何時間も洗車したに違いない」と思われるぐらい簡単に綺麗にできるものです。

まぁ・・当然、最初の頃はダメージ回復しなくてはいけませんから少しコツコツが必要です。ですが愛車の輝きが次第に回復してくるのが眼で観てわかりますから、やり甲斐もあるかと思います。

このような古いお車の輝きを取り戻す秘訣とは

一番大事なことは「焦らない」ことです。

例えば17年も蓄積された汚れやボディのダメージを一回の洗車で回復するという事は到底無理な話です。それは物理的に無理です。誰もできないことをできないと落ち込む必要はありません。

 例えば、プロ施工でポリッシャーという機械でボンネット一枚を施工するのに最低でも4時間かかります。手洗い洗車であなたが、それを一時間か二時間で車全体を完璧に綺麗にしよう・・これは無理です。

 だから、「ちょっとした時間。コツコツ 部分部分。毎回洗車でローテーションしよう」この戦略が一番有効です。「エレファントテクニック」といって「象を1頭食べるには一遍に食べられない。だから・・部分部分食べよう」という大きな問題を解決する有効な方法です。

是非、実践してみてください。

■具体的な方法

毎回の洗車はベーシックケア主体。そして「部分」を集中的に。例えばベーシックケアで全体をざっと洗車したら。今度は例えば「ボンネットを・・」とか「フェンダー部を」と言う風にどこか一箇所、「スペシャルケア」してください。方法は簡単です。

例えば艶を取り戻す方法はベーシックケアの後

1. 秘伝コートクリーナーを達人クロスで施工

2.秘伝コート施工

ポイントは「両方とも強めに施工」

つまり、ベーシックケアの段階で砂粒やホコリなどはボディに無い状態にしておき、その上で「スペシャルケア」を行ってゆく。

例えばお写真のドアのウォーターシール部分の汚れなども洗車の最初の段階から落とすのではなく毎回の基本の洗車完了後に行う『スペシャルケア工程』で行うようにします。

基本の洗車はいつもどうり。より精細な仕上げや汚れ落としは「ベーシックケアの後」じっくり各個撃破。これが愛車復活の成功の秘訣です。

車全体を扱うより部分部分

毎回のベーシックケアの後に部分ケアに集中。「じっくり施工」してください。ある程度綺麗にしたら次回は次の面へ・・という風にローテーションしてください。

「ローテーションすれば輝きのムラができるんじゃないか?」

心配無用です。次第に全体が均質になり手もかからなくなってゆきます。

なにより秘伝コート仕様は「輝きが簡単には落ちません」

試してみてください。このVIVIOのように輝きがぐんぐん取り戻せます。

ちなみに、具体的な方法をWEBビデオでもご紹介しています。実践の参考にしてください。

また、スタートキットの他に 秘伝脱脂マキシ トラップ粘土 市販の鉄粉除去クリーナーなどが必要になります。そして、1月からは『センタツ8』も役立つでしょう。

愛車の輝きを取り戻す殆どの事はご自分で可能です。

できないケースは

完全に劣化してしまった塗装面。あるいは完全に劣化している樹脂パーツなどこれらは洗車ではなく「板金の分野」の仕事です。

それ以外の事は大抵洗車の中で解決し輝きは取り戻せますね。


「なんで綺麗にしようと思って洗車したのに。汗水たらして愛車が傷だらけにならなきゃいけないんだ!」愛車の輝きはセンタツがサポートしています。愛車の輝きはセンタツサポートと達人キットで取り戻してください。


SUBARU VIVIO RX-R 92y 実践7ヶ月目
 92年式だから、17年経過したVIVIO・・には見えないですね。褪色しやすい赤でも深みと艶を増すことができたという、ご報告は大変多いですが17年落ちは一番年長ですね。VIVIOの塗装は荒れているものが多いですが。参考になるかと思いますね。


SUBARU VIVIO RX-R 92y 実践7ヶ月目
 ドア部の段差部分、この部分は経年変化で艶がなくなってしまっているお車がありますが。艶を取り戻すことができます。一番、最新の方法は1月にご紹介する『センタツ8』で磨いてみてください。良い感じに戻せますし傷も減少するので映りこみもはっきりしてきます。


SUBARU VIVIO RX-R 92y 実践7ヶ月目
 半年ほど前のお写真。雨の後に「黒スジ」ができる・・・車のこのような見えない部分には汚れが蓄積されてゆきます。洗車の度にシャンプーするとこの隙間にシャンプー成分が入り込み。そしてこの汚れが溶け出します。そして雨が上がって乾くと・・「黒スジ」になる。そしてさらにシャンプーすると・・悪循環です。しかもシャンプー成分がずっと残り続けるのでお車は汚れ易くなるでしょう。


SUBARU VIVIO RX-R 92y 実践7ヶ月目
 同じく半年前のお写真。ウィンドーシールの部分は汚れが溜まり易く、しかもこの樹脂製シールの段差の部分に汚れが残りがちです。実は、ちょっとした工夫で汚れをとることが簡単にできます。洗車時にキッチンペーパーを水で濡らして絞って固めたもので押し付けるようにして汚れをとる方法なのですが、これが一番簡単です。また、このようにこびりついた汚れは「秘伝脱脂マキシ」で除去できます・・・が・・・脱脂マキシを使うと汚れの出かたは凄いですから覚悟が必要です。洗車場の高圧洗車機と併用だと「黒い汚れの固まり」が飛び出してきますよ。



NEXT >>

「実践8ヶ月、コーティング・・それより大事な事とは?」 
SUBARU LEGACY TURING WAGON 07y

レガシー ツーリングワゴン  07y



「実践10ヶ月、トランク ルーフのウロコ落としに一工夫」 
SUBARU IMPREZA A-LINE 07y

SUBARU IMPREZA A-line 07y



「実践3年目、愛車の輝きそしてもっと大事なこと」 
BMW320iM 02y

BMW 320iM 02y 実践3年目



「実践1年目・・・新車購入から一年間、ピカピカであり続けられる事を当たり前にしてほしい。黒なら尚の事です」 
SUBARU LEGACY 08y

スバル レガシー 08y



「これだけ輝くと、がんばって愛車を手にした甲斐があります。」 
HONDA S2000 09y

ホンダ S2000 09y






(C)洗車達人PRO.com 実践報告 2009 12/29


ページトップへ