RSS
 

スバル 特集

スバル 特集 2010
実践報告


SUBARU LEGACY 00y 実践3年目

 「実践3年目・・・今ではバケツ一杯でも軽く洗車できるようになりました」

 
「水洗い一つで愛車の輝きも洗車の労力も全く変わってしまう・・洗車の達人の水洗いの秘訣とは・・・・」


年が明けて、実践3年目、実践4年目という実践報告が次々に年末・年始のご挨拶と一緒にとどきはじめました。

このレガシーも「実践3年」 お車も10年になるのですが。まぁ・・10年になるお車とは思えない輝きと活き活きしたオーラがあります。

その秘訣の大きな要因の一つは「達人の水洗い」をマスターされたことにあると思います。水洗い一つで愛車の1年後、2年後の状態は大きく変わってしまいます。また、洗車の労力も全くかわります。その秘訣について少し解説してみました。次回の洗車に役立ててください。

>> 実践報告を読む  >>このお車のはじめの一歩はスタートキットS
▲実践3年目・・・スバルレガシー。お車は10年目になるんですね(^^)車の輝きは前回の実践報告でもびっくりでしたが。この濃紺のカラーというのは輝き始めると面白いぐらいに輝きますね。にしてもスバル車・・・輝く潜在能力は高いんではないでしょうか。皆さん非常に綺麗ですね。



SUBARU VIVIO RX-R 92y 実践6ヶ月目

 「実践6ヶ月目・・・17年前の登録だと言うと驚かれます。」

 
「このVIVIOに限らず、数多くの旧車や長年大事にされてきたお車の輝き復活方法をセンタツは電話サポートやメールサポートで全国の愛車の輝きに悩むオーナーにお伝えしてきました。どうすれば長年乗ってきた車やユーズドカーの輝きをあなたの手でいつもの洗車で取り戻せるのか?その結果を出し続けている成功パターンをお伝えします。」


17年経過したVIVIO。半年でここまで輝きを取り戻せたのは「誰にもできない努力」を続けたから・・ではありません。むしろ、普通の洗車方法の方が続けるのは難しいでしょう。

あなたにもできる愛車復活の秘訣を公開しています。

参考にされてください。


>> 実践報告を読む  >>このお車のはじめの一歩はスタートキットS


▲「17年前の登録です」まぁ・・見事なものです。当然、プロの手によるものではありませんのでお間違いなく。オーナー自らの手でいつもの洗車で次第に輝きを取り戻してきたVIVIO RX-R の実践報告が届きましたのでご紹介します。とれにくい隅っこの汚れの落とし方もご紹介しておきました。簡単にできますのであなたも次回の洗車で実践してみてください。



SUBARU LEGACY TURING WAGON  07y 実践8ヶ月目

 「実践8ヶ月目・・・コーティングより先に来る大事な物とは?」

 
「愛車の輝きが落ちた・・・・何か良いコーティングはないだろうか?その前に来るものがあるんです。」


コーティングでよくある問題は「何年も持つと言われたが、洗車する度に輝きがおちてゆく・・」「あるいは、水洗いだけでOkと言われたが。なんだか最近、輝きが・・・」

すると「もっと良いコーティングはないか?」と多くの方は探しはじめます。
でもそれでは同じ問題を繰り返す事になるのです。

「コーティングより先に来るものがある」

それを知ったとき、あなたの愛車は本当に輝きはじめるのですが・・・

その先に来るものとは?


>> 実践報告を読む  >>このお車のはじめの一歩はスタートキットS
▲実践も8ヶ月目のレガシーツーリングワゴンの実践報告、ボディカラーは「ガンメタ」ですが黒に見えまますねぇ。これぐらいになると洗車はかえって楽ですので益々輝くだけですね。


SUBARU IMPREZA A-line 07y 実践10ヶ月目

 「実践10ヶ月目・・・ルーフ ボンネット トランクのウロコをクリア・・オーナーが編み出した方法とは?」

 
「ウロコのような模様ができた・・・結果が出るウロコ除去だけでなく輝きもUP一挙両得の方法とは?」


ある日、洗車した後のボディをみると。「ウロコのようなこの模様はなんだ・・」シャンプーで洗ってもコンパウンド施工しても落ちない・・・

どうすればこのウロコ問題は解決するのか?そしてなぜ起こるのか?センタツが数千台のデータに基づき解説。業者も言わない本当の理由から、あなたの愛車の輝きを取り戻す具体的なステップを解説。


>> 実践報告を読む  >>このお車のはじめの一歩はスタートキットS
▲実践も10ヶ月・・今度の車検も「エグピカクリア」で乗り越えて。さらに磨きをかけてみてください。ボディカラーはガンメタですが、送っていただいた夜の映りこみはボディカラーが解らないほどです。(^^)




スバル レガシー 08y 実践1年目

 「実践1年目。ボディの輝きはもはや落ちようがない・・だから隅々に手が入る・・それでも普通の洗車方法より簡単にそれが実現できる理由とは・・」

 
「こんなに綺麗なんだから相当努力しないとできないよ」とお思いなら。


「私は怠け者だから・・車の隅々まで毎回の洗車で手を入れるなんてとてもできない」

あるいは、「ボディでもやっとなのに、隅々なんてとてもとても・・何時間もかかるよ」・・

もし、そういう洗車方法なら、それは洗車の達人でも続けることはできないんです。実際に続けることはできませんでした。腰を悪くして、洗車業はやめよう・・というところまで追い込まれたのです。

ですが・・洗車についての考え方と「行動」を変えた時。
どの車も輝きを増し、仕事も楽になりました。

持続不可能な努力をしなければ、愛車が輝かないなら、

洗車達人PRO.com の実践報告は今の10分の1以下も投稿されないでしょう・・

そして、洗車達人平山も洗車屋はやめていたはずなんです。

それはあなたの洗車でも同じことだと思います。







>> 実践報告を読む  
▲実践1年目・・・素晴らしい輝きのレガシーですが。達人キットで愛車をこういう風に輝かせるより、普通の洗車方法の方で洗車し続ける方がよほど根気と努力が必要だとするなら・・どう思われますか?それは達人さえ「できない」努力なんですが・・



日産 フェアレディーZ 07y 他 インプレッサ AUDIなど2009年7月〜8月の総集編

「なぜセンタツには常識を超えた数の自分の手で愛車の輝きを取り戻したオーナーの実践報告が掲載されているのだろう・・」

 
「汚れを落とす」たった一つの事でも達人の知恵を使うと面白いように落ちなかった汚れも落ちてしまう・・・


 インプレッサオーナーが気付いた「汚れを落とす極意」とは・・・センタツに次々に実践報告が届くのは。全国の愛車の輝きで悩んでいたオーナーを達人キットと達人サポートで次々に「洗車の達人」に変身させてきたからなのです。「まるでプロが磨いたようだ」と思うなら、それは違います。本当は車はいつもの洗車でこのように輝く・・・というのが本来の姿なのです。

何か特別な技術や血の滲むような努力が必要なのではありません。楽しく気楽に洗車して、愛車はピカピカ。磨けば磨くほど輝きが増す。その結果、このように沢山の実践報告が続々と届いています。


>> 実践報告集へ  


ページトップへ