RSS
 

ホンダ ストリーム 07y 実践7ヶ月目

ホンダストリーム 07y 実践7ヶ月目

HONDA STREAM 07y No 289


洗車 えぐぴか 実践報告


「実践7ヶ月・・・・Siを施工してみた


 「Si施工の結果報告」

オーナーの声:


洗達での実践も半年に入り色々教えて頂きながら毎週洗車を行ってきましたが、遂にSiを施工いたしましたので報告致します。

結論から言いますと・・・ボンネットのみの施工予定だったのですがツイツイ他の部分まで施工してしまいました。

結果的に他の部分もかなりキズが無くなり大・大満足です。まだ1回施工しか行っていませんがSiはヤバイですね!どうです?4枚目の左側フェンダー画像などは「どうよこれ!!」って感じです。

今後なのですが、これからは、コートクリーナー→コンパウンド(キズ取り)→コートクリーナー→Siと言う感じで時間をかけて1パネルずつ施工して行きたく思います。

センタツVOICE:


「コーティングで愛車が蘇る?」

センタツはSiを紹介したくないわけではありません。
しかし、HP上ではこのように実践報告の中で名前だけ出てくる用品です。

そして・・・HPでは一般向けには販売しないでしょう。センタツ会員の皆さんの中でも「この状態ならSiもいいかな・・」というお車にしかご提供していません。本来、スタートキッオスタートキットだけでも充分に輝きます。

まずは、スタートキットをまずは使用してゆくなかで「輝きの本質」について気付いていただきたいことがあるのです。

それからでも、Siを使うのは全く遅くありません。そして、殆ど瞬殺というぐらいに輝きが変わるでしょう。塗ったらわかるぐらいに変わります。

ですが、Siの前に気付いて欲しいことは「コーティングが愛車を蘇らせる」わけでもなんでもないということです。愛車を蘇らせるのは「正しい基本の洗車」「ベーシックな幾つかのケミカル」そして、オーナーの気付きです。

センタツは当然、コーティングを紹介していますが。
ある意味、「アンチコーティング」派なのです。コーティングを否定した上だからできるコーティング施工があります。

物事というのは「守」「破」「離」という三つの段階で上達するといわれますが。

では、センタツのコーティング論とは、まずは「コーティングで輝きが増す」と信じて使う・・これは守にあたるかもしれません。

その次に

それを「破」して、「基本の洗車が大事だ」「水垢汚れなどをキチンと落すことが大事」「コーティングは自分の手でいつでもできる。」と気付くことは「破」にあたるかもしれません。

そして、「別にコーティングでなくても車は輝かせ続けられる」と知り。その上で「Siは道具として使える」と判断して使う。これは・・・「離」かもしれません。

だから「愛車を自分の手で自由自在に輝かせられる」ようになる。そのような方には恐らく多くの人が経験している洗車の悩みはないのです。

そういう意味では秘伝コートSiは「コーティング至上主義的思考を否定したセンタツ」が創った「コーティング剤」ということになります。

これを塗ったからといって、洗車は水洗いのみになるわけでも、洗車しなくて済むようになるわけでも。愛車の輝きが取り戻せるわけでも「プロ並」の輝きが手にはいるわけでもありません。

秘伝コートでもコンディショナーでのベーシックケアですら充分なことです。普通のワックスでも構いません。コーティングでなくても別に構わないのです。

でも・・・確かに面白いですよね。(^^) Si・・・ 笑)

にしても・・光ってますねぇ〜(^^;)

最初の頃のくすみもとれた・・だから、こういう楽しみ方もあるものです。そうでなくても構わない、オーナーが愛車と過ごしている時間が楽しければ一番いいのです。

まぁ・・輝きはどうにでもなります。
まずは基本の洗車、汚れの落とし方。水洗いなどのベーシックケア。そしてスタートキットに組み込んだ基本のツールをを使い倒してください。

「愛車復活なら、まずはスタートキッとS!そしてセンタツサポートを活用してください」・・Siは必要ありませんよ〜!」


ホンダストリーム 07y 実践7ヶ月目
 ▲左フェンダー部・・・これは磨き倒しがいがありそうですね。笑)


ホンダストリーム 07y 実践7ヶ月目
 ▲メッキホイールと相まって、余計に「ピカピカ感」が増してます。メッキホイールはかせるならボディも光ってナンボですよね。こういうのはコーディネート次第です。



ホンダストリーム 07y 実践7ヶ月目
 ▲ちなみに、Si→コートクリーナー だとか・・Si→コンパウンドの裏技だとか・・そういう手法の原理が解ると・「これぐらいの洗車傷ぐらい消せるよ」って感じなります。事実、できますからね。それはSiのような種類のコーティング本質に従って物理的に可能なことです。要は道具としての使い方です。Siのような系統のコーティングはただ塗って終わりではないです。色々できる便利な道具です。







NEXT >>

実践2年目のオーナーの”気付き”とは・・
スズキ ワゴンR スティングレイ

スズキ ワゴンR スティングレイ




ここまでこのボディカラーが輝くとは・・・
アウディ A4 カブリオレ 04y 実践半年目

Audi A4 カブリオレ 04y 実践半年目




一旦輝きは復活したが、約半年間おもうように洗車時間がとれず・・・ 
HONDA ELYSION PRESTAGE 08y

ホンダ エリシオン プレステージ 08y 実践1年目


NEXT >>


実践3年・・2回目の車検も無事に越えた 
HONDA STEP WAGON 05y

ホンダ ステップワゴン 05y 実践2年目



実践1年4ヶ月・・正直、ここまでピカピカになるとは 
HONDA ELYSION 05y

ホンダ エリシオン 05y 実践1年半



「実践1ヶ月・・愛車に変化が出てきた・・」 
フォルクスワーゲン ティグアン 08y

フォルクスワーゲン ティグアン 08y 実践1ヶ月目



(C)洗車達人PRO.com 実践報告 2006-2010 6/11


ホンダ

ページトップへ