RSS
 

【洗車達人PRO 店長日記】 危険度5 空から降ってくるヤバイ!ブツ

御質問:

「ボディに鳥の糞がついていたのを、放置していたら。なんだか塗装がモヤモヤ・・・という感じで変色しています。どうしたらいいでしょうか?」

お答え:

(^^;) 鳥の糞を放置すると、最悪です。塗装面を侵食して、塗装が変色し、クレーターのような状態になっているかと思います。もはやそうなると、塗装しなおす以外ないのです。

軽いものでしたら、コンパウンドで磨きを入れると良いです。

市販のコンパウンドは最初に若干の水を加えて磨きを入れ。施工部分が綺麗になったら、さらに水を加えて薄めてティッシュペーパーなどで磨きを入れます。

そしてコンパウンド目が無くなるぐらいツルツルになったら完了です。 

市販品なら、水溶性のものが使い易いでしょう。

市販のコンパウンドは、手磨きを想定して濃度が濃くなっておりますので、普通に使うとコンパウンドの磨き目が入ります。

そこで、水を少量加えていきながら濃度を調節して、水研ぎしてゆきます。水溶性のものが良いのは水に混ざるために、調整がし易いかと思います。

板金屋さんなどは、自分の車に「2000番のペーパーで水研ぎ」という風な荒業で傷などを落としてしまうツワモノもいます。

いずれにせよ、水で調整してみると案外上手にできるものです。

「コンパウンド=ボディを削る=傷が入る」という風に捉えている方も多いですが、使い方次第なのです。

上手に使うと、傷なども綺麗に落とす事ができます。

タッチペンなどで補修した後なども、案外目立たなくできますよ。

ただ・・・・鳥のフンで侵食されてしまうと。アウトですね。

■POINT

※鳥のフンは【速攻除去】、絶対に放置しないこと。コーティングしている分、侵食は遅いかと思いますが、いずれにせよ。放置厳禁です。

※コンパウンドは水溶性のものを使い、水研ぎの要領で水分を加減してゆきながらフィニッシュすると効果的。仕上げは部分的ならティッシュペーパーの綺麗なものでOKです。

■納車おめでとうございます!

今月はお客様から「納車」のお知らせが多くありました。

兵庫県の会員様 メルセデスベンツ S550 白

神奈川県 会員様 スマート AMG 

神奈川県 会員様(というか・・・) フェラーリ F355

また、他にも1月納車 MR−S メルセデスベンツ CLなど。

中には「アストンマーチン」というゴージャスな方も・・・・

ともあれ、そのうちHPに掲載されてゆく事でしょう。

実践報告、楽しみですね。

いずれにせよ。

1年後もピカピカである事は間違いないでしょう! 

今年もあと僅か。今からが忙しい洗車達人PRO 平山です。

また次回!(^^)/

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ > ゆっこさん 「鳥糞に・・・

> ゆっこさん

「鳥糞に強いコーティング」体験談ありがとうございます。「鳥糞に強い!」なんて言われているようなものもありますが。

でも現実は・・・「なんで、実際にはあっさり防壁を突破されてしまうのか?」

例えば 確かに珪素系ガラスコートなどは「理論上」は酸化に強い「はず」ですが。実際は、鳥糞などにはあっさり侵食されてしまいます。

その理由は、塗装面のクリア層の厚さというのは、おおむね80ミクロン程あると言われていますが。コーティングの皮膜の厚さというのは通常のコート剤なら一発でのコートで、1ミクロン以下 コンマ数ミクロン等の「薄さ」であるわけです。

80ミクロンのクリア面を、あっさり侵食してしまう。鳥糞爆弾様ですから、1ミクロン以下のコート面を侵食するのは難しいはずはない・・・

という事ではないかと思います。

ちなみに、わが社のケースでは。某「高級コーティング様」は一発の塗装皮膜は1ミクロン。これは、かなりの厚さですが・・・・

鳥糞攻撃に「勝てるか!」というと。

1週間も放置すれば「陥落」

しかも「鳥糞に強い」コーティング様です。

まぁ・・秘伝コート仕様でもお手入れが進めば、1日2日ぐらいは耐えますが、一週間は「危険」

私も、お客様のお車を一週間毎に手入れしているようなケースで、鳥糞がボディについていると「ドキドキ」です。でも大抵は耐えてくれているので、ホッとしますが。ヤバイのは変わりありません。3時間ぐらいなら、全く大丈夫じゃないかと思います。


秘伝コートSiは・・・10回ぐらいやれば結構、耐えるかも・・・・それでも一週間が限度でしょう。

鳥のうん○を、一週間も大事なお車にトッピングしている必要性も無いわけですから、綺麗にお水で流してやるのが一番です。
洗車達人PRO 平山 | 2007-01-28 12:57 |

■ こんにちは。 鳥糞に強・・・

こんにちは。
鳥糞に強いコーティング剤は無いのかなぁ??って思って、「洗車・鳥糞」で検索していたら店長さんの日記にたどり着きました^^

自分の車は去年の夏に新車で買ったクリア塗装ありのソリッドブラックなんですが、鳥糞にやられました・・。
納車されて直ぐに固形カルナバワックスを塗っていましたが、真夏の炎天下に鳥糞を爆撃され、2時間くらいでクリアが曇ってしまいました。取れないシミ状態に;;

これはいかん!ってことで、ネットで鳥糞と車について検索。そしたら「鳥の糞が付いても大丈夫!鳥糞ごときで被膜は破られません!」みたいな説明がしてあったガラス系コーティング剤を見つけ「これだ!」と思い1万円くらいで買いました。
下地処理して脱脂剤で洗車してコーティング完了。
これで安心と思っていました。

そしてその時がきました。
真夏の炎天下、ボンネットに鳥糞爆弾が着弾しているのを発見。
たぶん着弾から3時間以内です。
大丈夫大丈夫♪と思いながらも、念のため日陰に移動してから水で洗い流しました。
結果は・・。
ワックスの時と全く同じ被害でした^^;

ガラス系コーティングはワックスよりも鳥糞に強いと色々なメーカーサイトに書いてありますが・・。

洗車達人シリーズを使った人たちの車を画像で拝見すると、すっごいきれいですね♪
あそこまでキレイになるのならぜひ買ってみたいなぁ!って思うのですが、鳥糞の事を考えると「鳥糞に強い!」と宣伝されている商品に惹かれてしまう洗脳されやすい自分が悲しいです^^;;

次に買った商品でもシミになるようだったら、もう鳥糞のことはあきらめて、洗車達人シリーズを買ってみようかな^^
その時はよろしくお願いします。


ゆっこ | 2007-01-28 01:15 |

■ コンパウンドの使い方は・・・

コンパウンドの使い方は参考になりました。ありがとうございます。しかし、HPのお車はみんなピカピカですね〜!はじめて来ましたがびっくりです。
RUF RCT | 2006-12-26 04:08 |
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ