RSS
 

TOYOTA CROWN トヨタ クラウン H14


My Yahoo!に追加 

1月4日 最新実践レポート トヨタ クラウン 平成14年 長崎県 


「CROWN LOVEの車好きの叔母のクラウンを正月に腹ごなしに・・・・最初は「本当に綺麗になるの?」と疑っていた叔母、ところが出来上がった車を見た時・・・」

TOYOTA CROWN トヨタ クラウン

あけましておめでとうございます!

正月に、叔母のクラウンが来ていましたので、暇つぶしに磨いてみました。

大事に洗車させているそうで、確かに平成14年式にしては確かに綺麗は綺麗。コーティングを施工されているとのことでしたが・・・・「洗車達人」で鍛えられた私の眼はごまかせない! 

(@@)「う~ん これ・・・綺麗になるよなぁ・・・もっと・・・」と思いはじめた。

TOYOTA CROWN トヨタ クラウン
そこで勝手に洗車するわけにもいかないので、叔母に一言。

「おばちゃん・・・あの車。綺麗になるよ」

「私の車は綺麗よ。」

「うん綺麗だね・・・でも、あれより綺麗になるよ。磨かせて~(すっかりマニアックになっている私・・・・)」

「ほんとに~? 昨日、洗車してもらったばかりだからいいわよ。かなり疑いの眼差し」

「あれ、クラウンでしょ。俺のカレンより光ってないのが気に食わない 爆)」

「いや!私のが綺麗。」

「みてみなよ~。カレンの方が綺麗じゃん。きてみんね」

と・・・・表にでる。

「ホントね・・・なんでこんなに綺麗なの?」

「おばちゃんのも綺麗になるよ」

そこにうちの母親が。「あ~ あんたの車も綺麗にしてもらわんね~」


「これ・・・ウィンドーにウロコついてるよね」

「そうなのよ。専門じゃなきゃ取れないと言われた」

「自分でできるよ」

「ほんとに~? かなり疑いの眼差し」

「まぁ・・・いいから。お節でも食っとけばいいよ。綺麗にしとくから」

でも・・・叔母は車が心配なのか、洗車に付き合う事に・・・・

■ウィンドーのウロコ

年末に買っていた、超視界の新バージョン&ウレタンスポンジを使って「ゴシゴシゴシゴシゴシゴシ」と磨く。

「あら・・・取れてきてる」

「ほら・・・とれるやろ」

「あら~ 取れないって言われたわよ」

「とれてるやん (^^;(流石・・・洗車達人・・・と思いましたよ。新超視界」

特にフロントウィンドーが酷い。これは下手なコート剤か何かのせいに違いない・・・
自分の車がウロコだらけだったから良く解ります。

「これ、いつも何で磨いてるの?」

「なんか知らんけど、なんとかコートを○○○○円払ってやってもらってるのよ」

「ああ・・・多分それが原因やね。洗車は下手じゃないけど・・・ケミカルのせいよ(と業者さんを弁護)」

「ああ!ディーラーにも同じ事言われたわ」

「そやろ」

「ここもピカーって向こうは光っているんだけど。こっちは曇ってるのよ(メッキモール)」

「ああ・・・これも綺麗になるよ」

「ほんと?」

「ほんと、ほんと」

■メッキモール 

なぜか?片側のメッキモールやフロントウィンドーモールが白く濁っている。

TOYOTA CROWN トヨタ クラウンメッキモール回復で軽くゴシゴシ・・・・

「ほれ」

「あら! えらい綺麗になるね~新品じゃない」

「なるやろ。これプロ仕様らしいわ。俺の車もだから、あんなになっちゃったんよ。」

■ボディ

「ボディも綺麗になるよ」

「私の車はボディは綺麗って言われるのよスタンドでも」

「でも、これより綺麗になるよ」

「ほんと? (少しなるかもしれないって感じ)」

「なるよ。あのカレンよりこっちが上等なわけでしょ(^^; あれより光らないわけないじゃない。まぁ・・手入れに何ヶ月もやってきたから、一発では敵わないけどね~(自慢)」

■ボディをちょっと磨いてテスト。

秘伝コンディショナーしてみる。

水を軽くかけて、砂粒落とし工程をやって。秘伝コンディショナーでフキアゲ。ここは基本通りです。軽く磨きを入れてみました。「ぴかっ」ぐらい光った。

「あら・・・ホント、綺麗になるわね」
TOYOTA CROWN トヨタ クラウン
「おばちゃん・・・これまだ実は汚れてるんよ」

達人キットで10ヶ月も鍛えられた眼はごまかせない。なんせ、純白実践会 爆)だから・・・私。




「え!?汚れてるの? 」

「これ・・・汚れてるよ」





■秘伝水垢落ししてみる。

秘伝コンディショナーで磨いてみると、やはり水垢の薄いものが付着しているのが解る・・・・

■秘伝水垢落としする。

試しにフェンダー部を秘伝水垢落ししてみると・・・・やはり色が違う。
「ほら・・・色違うでしょ。水垢皮膜なんよ」

「え・・・解らんよ。どこが?」

「ここと・・・ここ。違うよね」

「え? ホントね少し違うね」

「今から、車全体を綺麗にするから・・・・」

と言って、本格的に洗車開始・・・・

ボディについた汚れを全落とし&秘伝水垢落しで仕上げる。

自分の車はテキトー。しかし、叔母の車は手が抜けないのにここで気づいた・・・

「あ~・・・テキトーにやっときゃよかった」と後悔先にたたず・・・・

1.水洗い

2.秘伝脱脂シャンプー

3.秘伝水垢落し

4.秘伝コート

5.さらに・・・コンディショナー&コート

6.さらに・・・達人クロスでがっつり仕上げ!


フルコースやらされました。

おかげで、まぁ達人キットのベーシックなピカピカ感にはなった。


・・・・・でも疲れたので細かい部分は翌日。

メッキモールの残りを翌日

「ゴシゴシゴシゴシ・・・・」

ウィンドーのウロコを「ゴシゴシゴシゴシ」

フロントマスクのメッキも軽く「スーッ」

「おお・・・光る。くっくっくっく・・・」

サイドバイザーも「モヤモヤ」してたので、秘伝コートクリーナーで磨きを入れ。コンディショナー&コート&コートクリーナー 透明感ばっちりに。

TOYOTA CROWN トヨタ クラウン
サイドの黒いピラーにも「モヤモヤ・・・としたウロコ」、これはBクリーナーで少し磨いて、小傷が入っていたので。

秘伝コートクリーナーで磨きをいれて、コンディショナー&コート&コートクリーナー&コートというオリジナル技でツルピカ鏡面仕上げ。細かい線傷程の傷も無くなる。

ついでに、ボディをもう一回 秘伝コンディショナー&コート&達人クロス 傷はコートクリーナー仕上げ。




達人キットならではの、2回目施工の「ぴかっ ぴかっ」という感じが出てきた。
Siキットが入手できたら、是非Si仕様にしてみたい逸品に仕上がり・・・

「にんまり・・・」 正月から車を観てにやけている自分に苦笑しますね。

TOYOTA CROWN トヨタ クラウンお節を食べている叔母に

「おばちゃん・・・できましたぜ・・くっくっくっく」

「どれどれ・・・」と表に

叔母「・・・・・新車たい・・・凄いわね。これ売ってるの?」

「別に買わなくても、うちに遊びに来れば、俺が磨いてやるよ」

「このワックス代あげるわ」

「いや・・・いいよ。おっかさんと話に来ればいいじゃん。暇つぶしに」

この一言に喜んだ叔母。

「あんた、今度 美味しい海鮮料理食べにつれていってあげるわ!」
TOYOTA CROWN トヨタ クラウン
「お~それなら!是非ごちそうになります!爆)」

とまぁ・・・結構 洗車を通して叔母とコミニュケーションできて良かったかなと思いますね。

洗車達人さんのおかげです。

I LOVE CROWN の叔母もかなりの喜びようでした~!

よかった、よかった。爆)



しかし、やっぱりクラウンは塗装がいいですね~。カレンは愛情と回数でぴかぴかですけど、クラウンは塗装がいいのが良くわかりました。一発でここまで綺麗にできる。パールの輝きってのは本当に「真珠」のような光り方になるもんですね~ 「虹色~」って感じで滑らかに光ってました。

流石に「達人仕様エグぴか鏡面状態」は未だ何回かかかりそうですけど、同じ年式であそこまで光っているのにはお目にかかった事が無いですね。叔母のクラウンを見ると、ZEROクラウンですらなかなか、そういう綺麗なのはいません。

私も思わず「I LOVE CROWN」になりそうでした 爆)(いや、マジで・・・LEXUSとかよさそうですよね~)

まぁ、カレンを見慣れているので。まだまだと、言えばまだまだ・・・・リアのレンズや全体の輝き感が流石にたった2回では、「えぐい!」と言えるレベルじゃないですから、叔母が来る度に仕上げてレポートしてみたいと思います。

激ピカパールとはどんなものになるのか!? 

今後、磨くのが楽しみです。TOYOTA CROWN トヨタ クラウン

叔母も歳なので、業者にお金を払うぐらいなら、うちのお袋さんと、お茶でもしに来て僕が磨いてやればいいかなと思っています。


残念ながら、写真は、全然。本来の輝きが写ってないです。

おなじみのように、デジカメが200万画素の古いカメラでボロなのと、撮った日が曇りだったので・・・・残念。




今度機会があったら、良いカメラで晴れた日に撮ってみたいと思います。

白研実践報告でした~ 爆) (いつの間にか『白研』とか出来てましたので、白研に参戦します!!クラウンは「パール研」かも・・・笑)







ページトップへ